楽器、エフェクター、DTM系のソフトなどをじっくり使ってレビューを書いています。リクエストなどがあったらいつでもご連絡ください。

タグ:マニュアル

エディットモード

·         6.1. プログラム

·         6.1.1. プログラムの保存

·         6.2. ルーティング

·         6.2.1. インサートルーティング

·         6.2.2. デュアルルーティング

·         6.3. プリセット

·         6.3.1. プリセットの保存

·         6.4. パラメーター

·         6.4.1. マッピング

·         6.4.2. ホットノブ

·         6.4.3. ホットスイッチ

·         6.4.4. テンポシンク


 

6.1. プログラム

プログラムエディットモードでは、H90のプログラムを検索し、試聴することができます。

プログラムボタンを押してプログラムエディットモードに入ります。いずれかのフットスイッチを押して終了します。

6-1








. 6.1 右上隅にリストとプログラムの場所が表示される。

3つのクイックノブはプログラムのリストをフィルタリングします:

·         クイックノブ1でリストを選択します。これにはファクトリーリストとユーザーリストの両方が含まれます。

·         クイックノブ2で検索するエフェクトタイプを選択します。

·         クイックノブ3で検索するアルゴリズムを選択します。

セレクトノブを回してフィルターリストをスクロールすると、各プログラムが自動的にロードされ、素早く試聴することができます。

P LEDボタンを押すと、プログラムがアクティブ/バイパスされます。AまたはB LEDボタンを押すと、プログラム内の各プリセットがアクティブ/バイパスされます。

6.1.1. プログラムの保存

プログラムボタンを長押ししてプログラムを保存します。

6-2

. 6.2 プログラムの保存画面

クイックノブ3を回して、保存先のリストを選択します。デフォルトは現在アクティブなプレイリストです。プログラムはユーザーリストには保存できますが、ファクトリーリストには保存できません。

セレクトノブを回して、保存するスロットナンバーを選択します。デフォルトは現在ロードされているスロットです。リストには99個のスロットがあります。

プログラムを保存するスロットを選択したら、パフォームノブを押してプログラム名の変更を開始します。


6-3

. 6.3 プログラムの保存名の表示

·         セレクトノブまたはクイックノブ1を回してカーソルを移動します。クイックノブ1を押すとカーソルが右に移動します。

·         パフォームノブまたはクイックノブ2を回して文字を選択します。クイックノブ2を押すと、小文字、大文字、数字、記号が切り替わります。

·         クイックノブ 3 を押して文字を削除します。

·         パフォームノブを押してプログラムを保存します。名前を変更したプログラムは、選択したリストの選択したスロットに保存され、プログラムエディットモードに表示されます。

·         セレクトノブを押して保存をキャンセルします。


 

6.2. ルーティング

ルーティングエディットモードは、現在ロードされているプログラムのルーティングを調整します。

H902つのプリセットは、各プログラムに対して直列(シリーズ)または並列(パラレル)に信号を処理するようルーティングできます。これは様々な用途に便利です:

·         ディストーションとワウワウのプリセットを使用する場合、ディストーションとワウワウを直列に処理することができます。つまり、オーディオがまずディストーションで処理され、次にディストーションされた信号がワウワウで処理されます。

·         あるいは、ディレイとリバーブのプリセットを備えたプログラムを使用している場合は、パラレルパスでこれら2つのプリセットを通じてオーディオを処理できます。つまり、オーディオは2つのパスでディレイとリバーブに同時に送信され、ディレイとリバーブのサウンドが再生されます。 相互に影響を与えることはありません。

ルーティングエディットモードは、システムメニューのグローバルページ (セクション7.1) でグローバルルーティング設定がインサートまたはデュアルに設定されているかどうかに応じて、2つの方法のいずれかで表示されます。

6-4画像4

. 6.4 システムメニューページでのグローバルルーティングの設定

ルーティングをインサートからデュアルに変更すると、現在のプレイリストだけでなく、利用可能なリストの代替セットも自動的に有効になります。 インサートルーティングで作成したプログラムやリストはデュアルルーティングでは使用できませんし、その逆も同様です。

ルーティングボタンを押してルーティングエディットモードに入ります。 終了するにはいずれかのフットスイッチを押します。

PA、または B LED ボタンを押すと、プログラム、プリセット A、またはプリセット B のアクティブ/バイパスが切り替わります。

ヒント

インサートまたはデュアルルーティングを使用している場合、クイックノブ1を押してプリセットABを交換します。

6.2.1. インサートのルーティング

インサートルーティング設定では、ルーティングモードで2つのモノラルインサートまたは1つのステレオインサートを有効にし、信号パス上の任意の位置に配置することも、オフにすることもできます。

Insert Routing Options

Series

Parallel

Pre A

Pre A & B

Parallel

Pre A

Mid

Pre B

Post B

Parallel

Post A

Post B

Post A & B

挿入を有効にするには:

·         クイックノブ1を回して直列と並列のルーティングを変更します。

プリセットが直列にルーティングされているプログラムでは、右上に

01 が表示されます。


6-5

. 6.5 プリセットが直列にルーティングされたプログラム


プリセットが並列にルーティングされているプログラムでは、右上に

02

 が表示されます。


6-6

. 6.6 プリセットがパラレルにルーティングされたプログラム

·         クイックノブ2を回すとインサート 1 が有効になり、インサート位置が調整されます。ノブを押すと、インサート1をアクティブ/バイパスにします。

·         クイックノブ3を回すとインサート 2 が有効になり、インサート位置が調整されます。ノブを押すと、インサート2をアクティブ/バイパスにします。


6-7

. 6.7 アクティブな挿入が無いインサートルーティングページ


6-8

. 6.8 インサート1はプリセットAの前、インサート2はプリセットBの後ろ

6-09

. 6.9 インサート1はプリセットAの前、インサート2は、プリセットABに並列で


6-10

. 6.10 インサート12がプリセットABに対し並列でルーティングされている

6-11

. 6.11 Iインサート1と2を並列で、インサート1をプリセットAの前に、インサート2をプリセットAの後に配置

クイックノブ3を時計回りに完全に回すと、ステレオインサート1-2が有効になり、その位置はクイックノブ2を使用して調整できます。


6-12

. 6.12 1系統のステレオインサートを使用したシリーズでのインサートルーティング

各インサートには独自のパラメーターセットがあります: センドレベル、リターン レベル、ミックス%、テール、レイテンシー(0サンプルから512サンプルまで)、極性 (ノーマル/反転)。 ルーティングボタンを押すか、セレクトノブを回してパラメーターをスクロールします。


6-13

. 6.13 インサートパラメーターのページ1


6-14

. 6.14 パラメーターインサートの2ページ目

Tails”をオンにすると、バイパス時にインサートされたデバイスのエフェクトが自然にトレイルオフされます。“Tails”をオフにすると、バイパス時にインサートが即座にミュートされます。

レイテンシーの設定

レイテンシーはデジタル機器をインサートするときのみ設定する必要があります。アナログ機器には顕著なレイテンシーはありません。レイテンシーを適切に設定することで、挿入されたエフェク トのコムフィルタリングを防ぐことができます。レイテンシーの仕様については、インサートされたデバイスのマニュアルを参照してください。

インサートのレイテンシーを設定するには:

·         極性(Polarity)を反転させます。

·         ミックスを50%に設定します。

·         外部デジタルエフェクトをバイパスするか、ミックスノブを調整してドライ信号のみが聞こえるようにします。

·         信号が無音になるか、可能な限り静かになるまで、0 サンプルからレイテンシーを調整します。

·         極性反転を解除します。





6.2.2. デュアルルーティング

デュアルルーティングを使用すると、H90内で2つの処理パスをルーティングできます。 これを使用すると、2つの異なるプリセットを通じて2つの楽器を個別に処理したり、プリアンプセクションに1つのプリセットを使用し、アンプのエフェクトリターンに1つのプリセットを使用してプリ/ポスト構成でアンプに接続したりできます。

 

 

 

デュアルルーティングを使用するプログラムでは、右上隅に

03
 が表示されます。


6-15

. 6.15 デュアルルーティングを使用しているプログラム

·         クイックノブ1を回して、パス1および2上のプリセットAおよびBのルーティング位置を変更します。

·         ルーティングモードがデュアルルーティング構成の場合、クイックノブ2および3は機能しません。

·         デュアルルーティングにより、2つの別々のシグナルパスが有効になります。:

·         パス 1: インプット1/2からアウトプット1/2

·         パス 2: インプット3/4 からアウトプット3/4

Dual Routing Positions

Routing

Path 1

Path 2

パス 1 シリーズ

シリーズ

スルー

パス 1 パラレル

パラレル

スルー

プリ/ポスト

プリセット A

プリセット B

パス 2 パラレル

スルー

パラレル

パス 2 シリーズ

スルー

シリーズ


6-16

. 6.16 パス1上で直列に繋がれているプリセットAB


6-17

. 6.17 パス1でプリセットABを並列に配置


6-18

. 6.18 プリ/ポストでのデュアルルーティング


6-19

. 6.19 パス2上のプリセットABをシリーズで配置


6-20

. 6.20 パス2上でプリセットABをパラレルに配置





614a5ThPn+L._AC_SL1200_





















Eventide H90 ハーモナイザーマルチエフェクトペダル
Eventide H90

 

3. セットアップ



チューニングしてみましょう!

AフットスイッチとBフットスイッチを同時に長押することでチューナーにアクセスします。

3-1

3.1  チューナーディスプレイ

·        クイックノブ1を回すと、チューニング周波数を1Hz単位で変更できます。

·        クイックノブ3を回すと、ミュートからスルーに切り替わります。

·        チューナーはPerformモード以外のすべてのモードで使用可能です。

·        3.1. シンプルなギターセットアップ

·        3.2. 2モノインサート

·        3.3. 1ステレオインサート

·        3.4. ウェット/ドライ・アンプリファイアー

·        3.4.1. Wet/Dry Examples

·        3.5. Wet/Dry/Wet Amplifier

·        3.6. Guitar and Vocals with MixingLink

·        3.7. Pre/Post Amplifier

·        3.8. Dual Inserts with a DAW or Mixing Console


 

3.1. シンプルなギターセットアップ

まずはシンプルなセットアップから始めましょう。

3-2

. 3.2 シンプルなモノラルギターの構成

·        ギターをH90のインプット1に接続します。

·        H90のアウトプット1をギターアンプのインプットに接続します。

·        セレクトモードでUser 1のプレイリストを検索します。

プログラムの試聴

ファクトリーリストから厳選されたプログラムがユーザー1リストに追加されています。このキュレーションされたリストを検索するには、SELECTノブを押してSELECTモード(セクション5.1を参照)に入ります。H90のすべてのプログラムを検索するには、PROGRAMSボタンを押してプログラムエディットモード(セクション6.1を参照)に入ります。


 

3.2. 2モノインサート

このコンフィギュレーションは、2つのモノインサートを導入します。この例では、Eventide dot9 MicroPitchストンプボックスをインサート1に、Eventide H9 Maxをインサート2に使用しています。

3-3

. 3.3 T2モノインサートの配線図

·        ギターをH90のインプット1に接続します。

·        H90のアウトプット1をギターアンプのインプットに接続します。

·        H90のアウトプット3MicroPitchのインプットに接続します。

·        MicroPitchのアウトプットをH90のインプット3に接続します。

·        H90のアウトプット4H9 Maxのインプットに接続します。

·        H9 MaxのアウトプットをH90のインプット4に接続します。

·        ROUTINGボタンを押し、クイックノブを回してインサートがシグナルパスのどこに置くかを選択します。

·        詳しくはインサートのルーティング(セクション6.2.1)をご覧ください。



 

3.3. 1ステレオインサート

また、Eventide PitchFactorのようなシングルステレオインサートを使用することもできます。

3-4

. 3.4  1ステレオインサート

·        ギターをH90のインプット1に接続します。

·        H90のアウトプット1をギターアンプ1に接続します。

·        H90のアウトプット2をギターアンプ2に接続します。

·        H90のアウトプット34PitchFactor のインプットに接続します。

·        PitchFactorのアウトプットをH90のインプット34に接続します。

·        ROUTINGボタンを押しながらクイックノブ3を時計回りに回して、ステレオインサートを有効にします。クイックノブ2を回して、ステレオインサートをシグナルパスのどこに配置するかを選択します。

3-5

. 3.5 ステレオインサートプリセットAB

·        詳細については、インサートのルーティング(セクション6.2.1)を参照してください。


ヒント

接続されている機材がインストゥルメントレベルではなくラインレベルで動作している場合、PROGRAMSボタンとROUTINGボタンを同時に長押ししてシステムメニューにアクセスし、I/Oメニューに移動してレベルを適切に設定してください。


3.4. ウェット/ドライ アンプリファイアー

3-6

. 3.6 ウェット/ドライギターアンプ構成

ウェット/ドライアンプのセットアップでは、2台のアンプを使用し、それぞれのアンプに異なるタイプのエフェクトをかけることができます。通常、「ドライ」アンプはディストーション、EQ、コンプレッションエフェクトに使用し、「ウェット」アンプはモジュレーション、ディレイ、リバーブなどのタイムベースエフェクトに使用します。

·        ギターをH90のインプット1に接続します。

·        H90のアウトプット1 "ウェット "アンプのインプットに接続します。

·        H90のアウトプット3 "ドライ "アンプのインプットに接続します。

·        ROUTINGボタンを押し、クイックノブ2 を回して、ドライアンプに送る信号をタップする場所を決めます。

·        プリセットのルーティングとドライアンプのタップポジションに応じて、Insert Mixパラメーターを調整する必要があります。以下の例を参照してください。

·        インサート1 Send Level パラメーターを使用して、ドライアンプに送る信号のゲインを調整します。

·        ウェットアンプで使用するプリセットのキル・ドライをオンにします。


 

3.4.1. ウェット/ドライの接続例

シリーズ(直列)

シリーズ(直列)ルーティングを使用すると、ドライアンプのタップ位置がプリセットABの前にある場合、ドライアンプでは未処理の信号が、ウェットアンプでは両方のプリセットで処理された信号が得られます。

Insert Mix0%に設定し、Even-VibeSP2016 Reverbの直列接続など、ウェットアンプでモジュレーションとリバーブの組み合わせを試す。

3-7

. 3.7 ドライアンプのタップ位置はプリセットAの直列に配置されている。

パラレル

パラレルルーティングを使用すると、ドライアンプのタップ位置がプリセットAの後にある場合、ドライアンプに送られた信号をプリセットAで処理し、プリセットBをパラレルパスでウェットアンプに送ることができます。

Insert Mix100%に設定し、プリセットAWeedWackerをドライアンプに、プリセットBHead Spaceをウェットアンプに使ってみてください。パラレルパスを使用しているので、WeedWackerはドライアンプに入るオーディオだけを処理し、ギターのクリーンシグナルはHead Spaceで処理されてウェットアンプに送られます。

3-8

. 3.8 ドライアンプのタップ位置は、パラレルではプリセットAの後


 

3.5. ウェット/ドライ/ウェット アンンプリファイアー

3-9

Fig. 3.9 ウェット/ドライ/ウェットギター・アンプの構成

ウェット/ドライ/ウェットアンプセットアップは、ウェット/ドライアンプセットアップに似ていますが、リグの「ウェット」部分にもう1台のアンプを追加することで、真のステレオイメージを作成し、H90のステレオエフェクトプロセッシングの栄光のすべてを聴くことができます。

·        ギターをH90のインプット1に接続します。

·        H90のアウトプット1を左の "ウェット "アンプのインプットに接続します。

·        H90のアウトプット2を右の "ウェット "アンプのインプットに接続します。

·        CH90のアウトプット3 "ドライ "アンプのインプットに接続します。

·        ROUTINGボタンを押し、クイックノブ2 を回して、ドライアンプに送る信号をタップする場所を決定します。

·        プリセットのルーティングとドライアンプのタップポジションに応じて、インサートミックスパラメーターを調整する必要があります。詳しくはウェット/ドライの例を参照してください。

·        インサート1のセンドレベルパラメーターで、ドライアンプに送る信号のゲインを調整します。

·        ウェットアンプで使用するプリセットのキルドライをオンにします。


 

3.6. ギター&ボーカルwith MixingLink

EventideMixingLinkを使用すると、H90のデュアルルーティング機能を使用して、マイク信号とギターなどの別の信号を2系統のエフェクトパスで簡単に使用することができます。

3-10

. 3.10 MixingLinkをギターとヴォーカルで使用する

·        システムメニューから、H90のグローバルルーティング設定(セクション7.1)でデュアルルーティングを使用するように設定します。

·        ギターをH90のインプット1に接続します。

·        H90のアウトプット1をギターアンプに接続します。

·        マイクをMixingLinkのマイク入力に接続します。

·        MixingLinkのラインアウトプットをミキシングコンソールなどのモニター入力に接続します。

·        MixingLink'To FX'アウトプットをH90のインプット3に接続する。

·        C H90 Output 3MixingLink 'From FX' Inputに接続します。

·        ROUTINGボタンを押し、クイックノブ1を回してルーティングポジションをPre/Postに調整します。これでプリセットAをパス1に、プリセットBをパス2に設定できます。プリセットAでギター信号をギターアンプに入力し、プリセットBでマイク信号を別の入力ソースに入力することができます。

·        詳しくはデュアルルーティング(セクション6.2.2)を参照してください。


 

3.7. プリ/ポスト アンプリファイアー

ギターアンプにエフェクトループがある場合、ドライブやコンプレッションなど特定のエフェクトをプリアンプの前に、ディレイやリバーブなど他のエフェクトをプリアンプの後にかけることが望ましい場合があります。これはプリ/ポストセットアップ、または4ケーブルメソッド(4CM)と呼ばれます。

デュアルルーティングでは、アンプのシグナルパスの異なる位置にお気に入りのエフェクトを配置し、異なるルーティング構成を使用する様々なプログラムをセットアップできます。

3-11

. 3.11 プリポストまたは4ケーブル方式のギターアンプ構成

·        システムメニューからデュアルルーティングを使用するようにH90のグローバルルーティング設定(セクション7.1を参照)を設定します。

·        ギターをH90のインプット1に接続します。

·        H90のアウトプット1をギターアンプのプリアンプインプットに接続します。

·        ギターアンプのエフェクトセンドをH90のインプット3に接続します。

·        H90のアウトプット3をギターアンプのエフェクトリターンに接続します。

·        ROUTINGボタンを押し、クイックノブ1を回してルーティングポジションを Pre/Post に調整します。これにより、プリセットAはパス1のギターとプリアンプの間に、プリセットBはパス2のアンプのエフェクトループに配置されます。

·        詳しくはデュアルルーティング(セクション6.2.2)を参照してください。


 

3.8. DAWまたはミキシングコンソールでのデュアルインサート

H90は、ミキシングコンソールやDAWのアウトボードエフェクトとして使用するのにも適しています。デュアルルーティングを使用することで、H902つの独立したシグナルプロセッシングパスとして使用でき、パス1をリバーブ、パス2をディレイとすることができます。

3-12

. 3.12 デュアルインサートのオーディオインターフェイスへの接続

·        システムメニューから、H90のグローバルルーティング設定(セクション7.1を参照)でデュアルルーティングを使用するように設定します。

·        ミキシングコンソールまたはオーディオインターフェイスからのステレオペアアウトプットをH90のインプット12に接続します。

·        H90のアウトプット12をミキシングコンソールのAuxリターン 1、またはオーディオインターフェイスのインプットのペアに接続します。

·        ミキシングコンソールまたはオーディオインターフェイスのステレオペアのアウトプットを、H90のインプット34に接続します。

·        H90のアウトプット34を、ミキシングコンソールのAuxリターン2、またはオーディオインターフェイスのインプット2に接続します。

·        ROUTINGボタンを押し、クイックノブ1を回してルーティングポジションを Pre/Post に調整します。ミキサーのAuxチャンネル1に送られたオーディオは、パス1のプリセットAによって処理されます。 ミキサーのAuxチャンネル2に送られたオーディオは、パス2のプリセットBによって処理されます。

·        DAW やオーディオインターフェイスとオーディオを送受信する方法については、そのマニュアルを参照してください。

·        詳しくはデュアルルーティング(セクション6.2.2)をご覧ください。



ヒント

H90のテンポをDINまたはUSB経由で外部MIDI機器に同期させたい場合は、Tempo Menu(セクション8)に移動し、Tempo Sourceを適切に設定してください。


 

1. はじめに

この度は、次世代マルチエフェクター、Eventide H90 Harmonizerをお選びいただき、誠にありがとうございます。Eventideのライブパフォーマンス・オーディオプロセッサーは、ラックマウント・エフェクトのパワーを、演奏するミュージシャンの手元や足元に届けます。ハイクオリティなエフェクトをお求めの方にも、まだ聴いたことのない実験的なサウンドをお求めの方にも、H90Eventideがこれまで愛してきた素晴らしいサウンドのエフェクトを提供します。直感的なUI、包括的なI/O、フレキシブルなルーティング・オプション、豊富なエフェクトを備えたH90は、あなたのリグの中心となるようデザインされています。

1.1. 主な特長

·        62種類のエフェクトアルゴリズムがプリロードされています:

·        10種類の新しいエフェクトアルゴリズム:

·        Bouquet Delay

·        Even-Vibe

·        Head Space

·        Instant Flanger

·        Instant Phaser

·        Polyphony

·        Prism Shift

·        SP2016 Reverb

·        WeedWacker

·        Wormhole

·        H9 Max Harmonizerに搭載されていた52種類のエフェクトアルゴリズムをすべて含み、機能と改良が強化されています。

·        SIFT (Spectral Instantaneous Frequency Tracking)テクノロジーによる新しい低レイテンシー・ポリフォニックピッチシフト

·        ARMベースのアーキテクチャが、新しくエキサイティングなクリエイティブエフェクトの基礎を築く

·        プログラムごとに2つのアルゴリズムを同時に使用可能

·        プログラム間の真のスピルオーバー

·        エフェクトを直列または並列にルーティング

·        インストゥルメントまたはラインレベル動作

·        2つのモノインサートまたは1つのステレオインサートをシグナル・チェーンの任意の場所に配置可能

·        2つの独立したステレオ信号を同時に処理するデュアル・ルーティング

·        5つのプッシュ・ターン式エンコーダーで、よりタクタイルなコントロールを実現

·        ペダル、最大3ボタンのAUXスイッチ、CV信号用のエクスプレッション入力を2系統装備

·        H90 Controlソフトウェアを使用して、MacまたはPC上でプログラムの編集、リストの作成、ファームウェアのアップデートが可能

·        インストゥルメントチューナー内蔵

 

1.2. いくつかのアドバイス

H90は、コンパクトなパッケージに素晴らしい処理能力と柔軟性を備えています。H90が提供する機能を完全に理解するには、このユーザーガイドをじっくりとお読みいただくことをお勧めします。しかし、すぐにでも使い始めたいという方は、少なくとも同梱のクイックリファレンスガイドをお読みになるか、セットアップの章(セクション3)をご覧ください。

 

1.3. 同梱物について

同梱物について:

·        H90本体

·        クイックリファレンスガイド(英文)

·        ACパワーサプライ

·        USB-C to USB-Aケーブル

·        ゴム足x4

·        Eventideステッカー

·        ピック

↑このページのトップヘ