楽器、エフェクター、DTM系のソフトなどをじっくり使ってレビューを書いています。リクエストなどがあったらいつでもご連絡ください。

カテゴリ: FAQとTIPS

614a5ThPn+L._AC_SL1200_


D. スタートアップシーケンス

電源ケーブルを挿入しながら特定のボタンの組み合わせを押し続けると、次の機能を実行することができます。:

D.1. リカバリーモード
• 付属のUSB-CケーブルをH90とコンピューターを接続します。
• 電源ケーブルを挿入している間、セレクトノブ、パフォームノブ、クイックノブ 1を押したままにして、リカバリーモードに入ります。 画面に「リカバリーモード」が表示されます。

D-1
図 D.1 リカバリーモード

• H90 Controlを開き、左上のハンバーガーアイコンをクリックし、“H90 Recovery”を選択します。
• ソフトウェアのリリースリストから最新リリースを選択し、「インストール」をクリックします。

D.2. 現在の状態をクリアする
電源ケーブルを挿入したまま、H90の画面に “Clearing current state”と表示されるまでクイックノブ1を押し続けます。これにより、保存されているリスト、プログラム、プリセットは消去されませんが、現在ロードされているプログラムがクリアされ、システムとテンポの設定がリセットされます。

D-2
図. D.2 H90の状態をクリア中
D.3. ファクトリーリセット
H90のスクリーンに “Performing factory reset”と表示されるまで、電源ケーブルを挿入したまま3つのクイックノブをすべて押し続けます。


D-3

図. D.3  H90をファクトリーリセット中

警告
ファクトリーリセットを行うと、すべてのユーザーリスト、プログラム、プリセットが消去されます。また、システムとテンポの設定もリセットされます。H90のソフトウェアがダウングレードされることはありません。

Eventide H90 ハーモナイザーマルチエフェクトペダル

10. H90 Control


H90 Controlはスタンドアローンプログラムです。:
• 10.13以降を搭載したmacOSコンピューター(Apple Siliconネイティブに対応)
• Windows 10 以降を搭載したPC
• iPadOS 15以降を搭載したiPad



TH90 Control のユーザー インターフェイスは、すべてのデバイス (macOS、PC、iPad) で同じです。
使用しているデバイスによっては、一部の機能が利用できません。
HH90 Control は、H90 のリモート コントロール アクセスとプログラム リスト管理を提供します。
使いやすいインターフェイスでプログラムとプリセット設定の管理、システムアップデートの実行、ユーザーリストのインポート/エクスポートを行います。

• 10.1. はじめに
• 10.1.1. 登録とインストール
• 10.1.2. 接続
• 10.2. ホーム画面
• 10.3. エディットメニュー
• 10.3.1. プレイリスト
• 10.3.2. パラメーターエディットメニュー
• 10.3.3. ルーティング/インサート
• 10.3.4. コントロールのアサイン
• 10.3.5. プリセットライブラリー
• 10.4. プログラムライブラリー
• 10.5. システム


10.1. はじめに
10.1.1. 登録とインストール
https://www.eventideaudio.com/my-account/ にアクセスして、EventideアカウントにH90を登録してください。
H90を登録すると、H90 Controlインストーラーにアクセスできるようになります。 インストーラーをダウンロードしたら、インストーラー アイコンをダブルクリックし、画面上の指示に従います。

ヒント
H90 Controlを初めて開くとき、Eventideアカウントにサインインする必要があります。
サインインする際は、エラーを避けるため、メールアドレスではなく、必ずEventideのユーザー名を使用してください。ログアウトを選択するまで、Eventideアカウントにサインインしたままになります。

10.1.2. 接続

H90 Controlは2つの方法でH90と接続することができます:
1. 付属のUSBケーブルを使用してデバイスに直接接続
2. Bluetoothを使用してワイヤレス接続
手順やトラブルシューティングについては、ユーザーマニュアルのBluetoothセクションをご覧ください。


10.2. ホーム画面
H90 Controlを開き、Eventideアカウントにログインすると、最初にホーム画面が表示されます。

10-1

図. 10.1 H90 Controlのホーム画面


1. ハンバーガーアイコンをクリックして、次のオプションを選択します。:
 • H90Controlの設定
 • Eventideアカウントからのログアウト
 • ユーザーガイドを見る
 • サポート目的でH90 Controlログファイルを開く
 • リカバリーモードでのアップデートにアクセス
 • H90 Controlのバージョン情報を表示
2. デバイスに接続すると、そのデバイスがトップバーに表示されます。
一度に複数のH90に接続し、この方法で各デバイスを選択することができます。
矢印アイコンをクリックすると、デバイスのタブが切り離され、別ウィンドウで表示されます。
3. 「Add Device」ボタンをクリックして、H90 を追加して接続できるようにします。
4. Bluetoothアイコンをクリックし、Bluetoothペアリング処理を開始します。
5. デバイスを削除するにはXアイコンをクリックします。
6. H90のデバイス情報はここで見ることができます。
connect "をクリックすると、H90のパラメーターエディットが開始されます。
H90のシリアルナンバー、ソフトウェアのバージョン、USB接続かBluetooth接続かも確認できます。
7. H90のアップデートが利用可能になったら、雲のアイコンをクリックします。
8. ご使用のH90 Controlのバージョンはこちらをご覧ください。

H90 Controlの接続に関するヒント:
• H90は、接続方法に応じてH90 Controlで2つのデバイスとして表示されます: USBまたはBluetoothです。デバイスの画像の下に接続アイコンが表示されます。


10-2

図. 10.2 左側:USBデバイス、右側:Bluetoothデバイス


• H90のアップデートはBluetoothではできません。USBデバイスの右下にある雲のアイコンをクリックしてアップデートしてください。
• H90をBluetoothおよびUSB経由でH90 Controlが動作する複数の機器に同時に接続しないでください。

10.3. エディットメニュー
エディットメニューは、プログラムとプリセットのエディットと保存に使用します。

10.3.1. プレイリスト
プレイリストは、プログラムライブラリーと同様に、すべてのエディットメニュー・ブで利用できるようになります。
10-3

図. 10.3 プレイリスト

1. ドロップダウンメニューからリストを選択します。
2. 任意のプログラムをクリックして、プレイリストからプログラムをロードします。
上下の矢印キーを使ってプレイリストを移動し、Enterキーを押してプログラムを選択することもできます。
3. バンクをクリックして名前を変更し、Enterキーを押して新しいバンク名を保存します。
4. 以下のオプションの3点アイコンをクリックします:
• プログラムをコピー:プレイリストの別のスロットに貼り付けることができます。
• 削除/初期化:プログラムの設定をすべて消去し、白紙に戻す。
• プログラムのインポート:コンピューター上の任意の場所から新しいプログラムをロード。
• プログラムをエクスポート:プログラムをコンピューター上の任意の場所に保存。
5. 新しいリストを作成します。これが自動的にプレイリストになります。
6. プレイリストの名称を変更します。
7. リストのインポート: H90 Controlで作成したプログラムリスト、またはH9 Controlで作成したH9リストをインポートすることができます。
8. リストをエクスポートする:プレイリストをコンピューター上の任意の場所に保存します。
9. プレイリストを削除する:このアクションを実行するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。
10. ペダルの現在の状態を保存する。


10.3.2. パラメーターエディットメニュー

10-4

図. 10.4 パラメーターエディットメニュー

1. ハンバーガー アイコンをクリックして、次のオプションを選択します。
• ユーザーガイドを見る
• サポート用にH90 Controlのログファイルを開く
• デバイスのバックアップ: H90のすべての設定の完全なバックアップをコンピューターにファイルとして保存
以下の設定は保存されません:
• 現在のプログラムと、まだライブラリーに保存されていないプリセット。
• 現在選択されているプレイリストと、プレイリスト内で現在選択されているプログラムインデックス
• セレクト/パフォーマンスモード、バンク/リスト・セレクトモード、プログラム/プリセットのブラウズフィルター、ブルートゥースの設定など。
• デバイスの復元: コンピューターから以前のバックアップからファイルを選択し、その状態を復元します。ペダルの現在の状態とすべての設定は、このバックアップ状態で上書きされることに注意してください。
• サポート用にH90のログを保存する。
2. プログラム/プリセット/バンク名の変更、プリセットのロードなど、ペダルの特定の状態をアンドゥ/リドゥ。これは、保存する前に誤ってプリセットをロードしてしまった場合に便利です。
3. エディットメニュー、プログラムライブラリー、またはシステムセッティングSettingsを表示するタブをクリックします。
4. H90の接続を解除します。ホームページからH90を再接続する必要があります。
5. ハートアイコンをクリックして、プログラムをお気に入りに登録します。
6. プログラム名をクリックして名前を変更する。Enterキーを押して新しい名前を保存します。
7. プログラムをバイパスする。
8. プリセットAとBを入れ替える。
9. プログラムノートの表示と編集。
10. ペダルの現在の状態を新しいリストの場所に保存する。
11. 3ドットアイコンをクリックして以下のオプションを選択します。
• アルゴリズムの資料を表示
• プリセットのコピー
• プリセットのペースト(可能な場合)
• プリセットをコンピューター上にエクスポート
• プリセットをコンピューター上からインポート
• ライブラリーの保存:プリセットの現在の状態を新しいプリセットとしてプリセットライブラリーに保存します。
12. どちらのプリセットでも、テンポシンクのオン/オフを切り替える。
13. いずれかのプリセットをバイパス。
14. ミックス、ディレイタイムなど、プリセット固有のパラメーターを編集する。
15. ホットノブ、ゲインレベル、テール、キルドライ設定などのプリセット全般パラメーターのエディット。
16. ホットノブ、ゲインレベル、テール、キルドライ設定など、プログラム全般のパラメーターをエディット。
17. ホットスイッチ1-3を選択し、選択したホットスイッチのパラメーターをエディット。

  パラメーターのマッピング
パラメーターを囲むハイライトされたリングは、このパラメーターがホットノブ、エクスプレッションペダル、Auxスイッチ、MIDI CCなどのコントローラーにマッピングされていることを示します。
• パラメーター右上の矢印をクリックし、コントロールソースと始点/終点を編集します。
• また、パラメーターを囲むハイライトされたリングの両端にある矢印をクリックしてドラッグすることで、始点/終点を編集することができます。
10-5
図. 10.5 ディレイミックスパラメーターは、プリセットのホットノブにマッピングされている。

変更を保存!
ペダルと同じように、パラメーターが変更されると、プログラム名の横に未保存の変更を示すアスタリスクが表示されます。


10-6
図. 10.6  アスタリスクは未保存の変更を示します。
画面の右上または左下にある保存ボタンをクリックして、変更を保存します。

10.3.3. ルーティング/インサート
10-7
図. 10.7 ルーティング/インサートエディットメニュー。インサート1はプリセットA。

1. ルーティングをシリーズ(直列)からパラレル(並列)に変更する。
2. モノインサートを2本入れるか、ステレオインサートを1本入れるかを決定します。
3. インサートの位置を調整します。
4. インサートのパラメーターを調整します。詳しくは、マニュアルのインサートのセクションをご覧ください。

10.3.4. コントロールのアサイン
10-8
図. 10.8 コントロールアサインのエディットメニュー

1. 6つのクイックノブにパラメーターをアサインします。
2. パフォーマンスパラメーターとホットスイッチ6つのオンボードフットスイッチに割り当てます。
3. 外部コントローラーを使用可能なパフォーマンスパラメーターに割り当てます。
• P、A、またはBスイッチをクリックして、アクセスしたいパラメーターのセットを決定します。
• パラメーターのドロップダウンメニューをクリックしてパラメーターを選択します。
• コントロールソースとしてMIDI CCまたは Auxスイッチを選択します。
4. 詳細については、ユーザーマニュアルの「パフォーマンスパラメーター」セクションをご参照ください。

10.3.5. プリセットライブラリー
10-9
図. 10.9 プリセットライブラリー

プリセットライブラリーは、保存したプリセットのフィルタリングと並べ替えに使用します。
1. AまたはBのプリセットスロットをクリックし、どちらのプリセットを置き換えるかを選択します。
2. AまたはBのプリセットスロットをクリックし、どちらのプリセットを置き換えるかを選択します。
3. ユーザーが保存したプリセットのみを表示します。
4. お気に入りのプリセットのみを表示します。
5. プリセットの左にマウスカーソルを合わせるとハートアイコンが表示されるので、それをクリックするとプリセットがお気に入りに登録されます。
6. ロックアイコンはファクトリープリセットを示します。上書きすることはできません。
7. 矢印をクリックして検索バーの表示/非表示を切り替えます。
8. 検索バーを使ってプリセットを名前で検索します。
9. エフェクトタイプフィルターを使って、特定のエフェクトタイプを使用しているすべてのプリセットを検索します。
10. アルゴリズムフィルターを使用して、特定のアルゴリズムを使用しているすべてのプリセットを検索します。

ヒント
AまたはBのプリセットが選択されていることを示すためにハイライトされます。
プリセットライブラリーから新しいプリセットを選択すると、現在ハイライトされている方のプリセット・ロットに置き換わります。
10-10
図. 10.10 プリセットAのWeedwackerは、スロットAでハイライトされている。


10.4. プログラムライブラリー
プログラムライブラリーは、H90に保存されているすべてのプログラムを管理する場所です。
また、プログラムをユーザーリストに整理するためにも使用します。

10-11
図. 10.11 プログラムライブラリー


1. 特定のリストのプログラムだけを表示するには、ここをクリックしてください。
2. お気に入りのプログラムだけを表示するには、ここをクリックしてください。
3. 多くのリストにある重複したプログラムを非表示にします。
4. プログラムのオートロード:
• 有効にすると、プログラムを選択するとすぐにロードされます。
• 無効になっている場合は、ダブルクリック、またはEnterキーを押すとプログラムをロードします。
5. オートロードの設定に応じて、プログラムテキストの任意の場所をクリックしてロードします。プログラムをクリックし、プレイリストのリストの場所にドラッグすると、その場所にあるプログラムが上書きされます。
6. 3ドットアイコンをクリックしてプログラムをコピーします。その後、現在のプレイリストにある99のプログラムの3ドットアイコンをクリックして、他のリストの場所に貼り付けることができます。
7. ロックアイコンはファクトリープログラムを示します。これは上書きできません。
8. 「Use Count」の数値には、プログラムがリストに含まれている数が表示されます。
9. プログラムプレビューウィンドウ。 オートロードが無効になっている場合は、プログラムをロードする前に、プログラムをクリックしてプリセット、ルーティング、およびプログラムのノートを表示します。

10-12
図. 10.12 ディレイフィルターとバンドディレイフィルターを適用したプログラムライブラリー。
バンドディレイアルゴリズムを含むプログラムのみを表示。

1. 矢印をクリックして検索バーの表示/非表示を切り替えます。
2. 検索バーを使って番組名で検索します。
3. エフェクトタイプフィルターを使って、特定のエフェクトタイプを含むすべてのプログラムを検索します。
4. アルゴリズムフィルターを使用して、特定のアルゴリズムを含むすべてのプログラムを検索します。


  10.5. システム
このメニューではH90のシステム設定を行います。また、H90のシリアルナンバー、ルーティングモード、ソフトウェアバージョンも表示されます。

一般設定
10-13
図. 10.13 一般設定メニュー

1. テンポソースまたは内部テンポ(BPM)を設定する。
2. マニュアルのMIDIセクションに記載されているMIDI設定を行います。
3. グローバルプリファレンスを設定する。
• LED輝度
• スクリーンセーバー
• ソースタイプ
• スピルオーバータイム
• プログラムバイパスモード
• キルドライ


インプット/アウトプット

10-14
図. 10.14 インプット/アウトプットセッティングメニュー

1. H90の入出力レベルをインストゥルメントレベルからラインレベルに設定します。
2. Exp/Ctl インプットをエクスプレッションペダルまたはスイッチに設定します。 H90 を使用して接続されたデバイスをキャリブレーションする必要があることに注意してください。H90 Control を使用してキャリブレーションすることはできません。
3. ケーブルがそれぞれのジャックに接続されると、リアパネルのジャックアイコンが強調表示されます。


グローバルコントロール

10-15
図. 10.15 一般設定メニュー

1. フットスイッチ、エクスプレッション ペダル、またはMIDI CCのいずれかを使用するようにグローバルペダルコントロールを設定します。 使用可能なオプションの完全なリストについては、グローバルマッピングチャートを参照してください。
2. MIDI CCを送信するようにフットスイッチまたはエクスプレッションペダルを設定します。MIDI送信の詳細については、マニュアルのMIDIセクションを参照してください。

8-2
8. テンポメニュー
プリセットボタンとパラメーターボタンを同時に長押しして、テンポメニューに入ります。パフォームノブを押して終了します。
8-1
図. 8.1 プリセットボタンとパラメーターボタンを同時に押し続ける

8-2
図. 8.2 テンポメニュー

テンポBPM
H90の内部テンポは20BPMから500BPMまで調整することができます。テンポソースをグローバルまたはプログラムエディットモードに設定した状態で、Pフットスイッチをタップするか、クイックノブ1を回してBPM(Beat Per Minutes)を設定します。
ヒント
IMIDI送信(Transmit)がオンの場合、MIDI DIN出力を介して他のMIDI機器をH90の内部クロックに同期させることができます。
テンポソース
• グローバル: すべてのプログラムがグローバルテンポ設定に従う。
• プログラム: プログラムは現在のテンポBPMで保存されます。プログラムは保存されたBPM値でロードされます。
• MIDI クロック: テンポはDINまたはUSBからのMIDIクロックに同期します。System Menu > MIDI(セクション7.3)で、USBまたはDINをMIDIクロックソースとして設定します。


覚え書き!!
パラメーターエディットモードでプリセットボタンとパラメーターボタンを同時に押すと、プログラムまたはプリセットのテンポシンクのオン/オフを切り替えることができます。

図. 8.3 メトロノームのアイコンは、テンポシンクが有効になっていることを示す。



  9. ソフトウェアのアップデート

H90のソフトウェアを常に最新の状態に保つことをお勧めします。すべてのアップデートはH90 Controlアプリケーションを使用して行われ、新しいアップデートが利用可能になるたびに通知されます。


9-1

図. 9.1 アップデートが必要になると通知が届きます。雲のアイコンをクリックして、H90のソフトウェアをアップデートしてください。

H90のソフトウェアをアップデートするには:
• https://www.eventideaudio.com/my-account/ にアクセスしてH90を登録し、H90 Controlをダウンロードしてください。
• インストーラーがダウンロードされたら、インストーラーのアイコンをダブルクリックし、画面上のインストール手順に従ってください。
• H90の電源を入れ、付属のUSB-C - USB-Aケーブルでコンピューターに接続します。
• H90 Controlを開き、右上の "Add Device "をクリックし、"H90 Pedal "を選択します。
• お使いのコンピューターがインターネットに接続されていて、H90のソフトウェアが最新でない場合、H90のアップデートを促すプロンプトが表示されます。
• 画面の指示に従ってアップデートを行ってください。


警告
アップデート中はH90の電源を抜かないでください。H90の画面にはアップデート中であることを示す接続アイコンが表示されます。


9-2
図. 9.2 H90の接続アイコン


7章: システムメニュー


プログラムボタンとルーティングボタンを同時に長押しして、システムメニューに入ります。
パフォームノブを押して終了します。

7-1

. 7.1 プログラムボタンとルーティングボタンを同時に長押しします。

・セレクトノブを回すか、プログラムまたはルーティングボタンを押してページ間を移動します。
・セレクトノブを押してページを選択します。もう一度押すと、そのページを終了し、メインのシステムメニューに戻ります。


7-2

. 7.2 システムメニューの表示

7.1. グローバル

7.2. I/O
7.3. Bluetooth
7.3.1 macOSでの接続
7.3.2 7.3.3iOSとの接続
7.3.4I.
7.3.5.
7.4. MIDI
7.5. プリファレンス
7.6. 概要



7.1. グローバル

7-3

. 7.3 グローバルセッティングの1ページ目

7-4

. 7.4 グローバルセッティングの2ページ目

プレイリスト>

セレクトモードで使用するユーザーリストを選択します。



プレイリストとして指定できるのはユーザーリストのみで、アクティブなプレイリストは1つだけです。ファクトリーリストをプレイリストにすることはできませんが、プログラムエディットモードで検索可能です。


ルーティング
H90には2つのグローバルルーティング設定があります:
1. インサート:1つのシグナルパスに影響を与え、外部エフェクトのインサートを可能にする。
2. デュアル:2つの信号経路に別々に影響を与える。
これら2つのグローバルルーティング設定は、ルーティングエディットモードで使用可能なオプションに影響します。
クイックノブ1を回して、グローバルルーティング設定を変更します。変更を確認するかキャンセルするかを尋ねるプロンプトが表示されます。クイックノブ3を押して確定するか、クイックノブ1を押してキャンセルします。

7-5

. 7.5  ルーティング設定を変更するかどうかを確認するプロンプトが表示されます

プログラムがバイパスされたときの信号経路を決定します。
• DSP:信号をDSPに通し続ける。バイパステールを可能にする。
• リレー: 物理的なリレースイッチで入力と出力を直接接続。バイパステールを無効にする。
• AB Only: インサートはアクティブのままです。この設定は、インサートが常にアクティブであることに依存するウェット/ドライアンプセッティングやその他のセットアップに便利です。


デュアルルーティングを使用する場合、リレーバイパスはパス2(I/O 3-4)では使用できませんが、パス1(I/O 1-2)では使用できます。パス1でプリセットが使用されていない場合、リレーは自動的に有効になります。

スピルオーバータイム
プログラム切り替え時にバイパステールを有効にする時間を設定します。0秒から30秒まで設定可能です。

ソースタイプ
これにより、ピッチトラッキング、フィルター、トーンコントロールがオーディオソースにどのように反応するかを決定します。ソース名は特定の楽器を示していますが、これらはオーディオソースの音域と考えることもできます。
• リード (ソプラノ)
• ギター (アルト)
• ベース (テナー)
• サブ (ベース)



キルドライ
これは、すべてのプログラムとプリセットに適用されるグローバルキルドライ設定です。プログラムまたはプリセットのキルドライ設定がグローバルに設定されている場合、このオンまたはオフの設定が反映されます。

ペダルコントロール
グローバルペダルコントロールを使用すると、Auxスイッチやエクスプレッションペダルなどの外部コントローラーを定義し、どのプログラムがロードされているかに関係なく、常にH90に影響を与えることができます。例えば、Auxスイッチ1に常にロードアクションを実行させたい場合、グローバルペダルコントロールを使って設定できます。

7-61

 

パラメーター: クイックノブ1を回してパラメーターを選択します。
コントロールソース: クイックノブ2を回して、現在選択されているパラメーターのコントロールソースを選択します。


利用可能なマッピングの全リストは、グローバル・マッピング・チャート(セクションC)をご確認ください。


7.2. I/O

イン/アウトレベル

インストゥルメントレベルとラインレベルの入出力を個別に調整できます。
H90の背面にあるLEDグリッドは、どの端子がラインレベル信号に設定されているかも表示します。

7-6

. 7.6 インプットレベルディスプレイ

7-7

. 7.7  アウトプットレベルディスプレイ

Exp/Ctl

クイックノブ1と2を使用して、ペダル1または2をエクスプレッションペダルまたはスイッチに設定することができます。

7-8

図. 7.8  Exp & Auxセットアップ画面

クイックノブ3を回してキャリブレーションをアクティブにします。

7-9

. 7.9 この例では、1つのエクスプレッションペダルと1つのAuxスイッチをキャリブレーション。

ジャック

接続されている入出力を表示します。

7-10

. 7.10  この例では、入力1と出力1が使用されていることを表示。


 

7.3. Bluetooth
H90 は Bluetooth 経由で Mac、iPad、iOS デバイスとペアリングして接続できます。
これにより、H90 Control (Mac/iPad のみ) に接続したり、DAW やサードパーティの MIDI コントロール アプリ経由で MIDI メッセージを送信したりすることができます。

ヒント

プログラム ボタンと ルーティングボタンを長押しし、 H90 のシステム メニューに入り、
Bluetooth メニューを見つけて Bluetooth を有効にし、H90 をペアリング/接続します。

7-11

. 7.11 プログラムボタンとルーティングボタンを長押しし、H90 のシステムメニューに入ります。

7-12

. 7.12 Bluetooth メニューに入り、H90 Bluetooth を有効にします。

 

Bluetooth のオン/オフ

クイックノブ 1 を回して、H90 の Bluetooth 機能をオンにします。 これにより、Mac コンピューターや iOS デバイスなどの Bluetooth ホスト デバイスとペアリングして接続できるようになります。 オンの場合、左側の Bluetooth LED が青色に点灯します。

パスキー
新しいホストデバイスとのペアリング中にペアリングのためパスキーが表示されます。

Forget
クイックノブ3を回すとペアリングされたすべてのデバイスが削除されます。


ヒント
H9に登録しているホストデバイスを削除すると、ホストデバイスのBluetooth設定からH90のBluetoothデバイスも削除する必要があります。
その後、指示に従ってデバイスを再度ペアリングしてください。

H90 Control接続のヒント:
• H90は、接続方法に応じてH90 Controlで2つのデバイスとして表示されます: USBまたはBluetoothです。
これは、デバイスの画像の下にある接続アイコンによって示されます。
7-13

図. 7.13 左側に USB デバイス、右側に Bluetooth デバイスを表示。

 

Bluetooth

• Bluetooth 経由で H90 をアップデートすることはできません。 更新アップデートするには USB 接続を使用する必要があります。 更新するには、USB デバイスの右下隅にある雲のアイコンをクリックします。
• Bluetooth および USB を介して、H90 コントロールを実行している複数のデバイスに H90 を同時に接続しないでください。


7.3.1. macOSでの接続:
1. クイックノブ1を回して、H90のBluetoothをオンにします。左側のBluetooth LEDが青く点灯します。
2. H90 Controlを開き、Bluetoothペアリングボタンをクリックします。macOSのBluetooth設定メニューが開きます。

7-14
図. 7.14 Bluetoothアイコンをクリックして、H90 を Mac とペアリングします。


3. Bluetooth 設定メニューで H90 を見つけ、「接続」ボタンをクリックします。

7-15
図. 7.15 「接続」ボタンをクリック


4. 接続を要求するポップアップが表示されます。 「接続」ボタンを選択します。

7-16
図. 7.16 「接続」ボタンをクリックして、H90 を Mac にペアリング

5. H90 の Bluetooth メニューのパスキーの下に表示される 6 桁のコードを入力するよう求められます。
Macにパスキーを入力し、「接続」ボタンをクリックします。
H90はコンピューターに正常にペアリングされるはずです。H90の右側の Bluetooth LED が青色に点灯し、ホストに接続されていることを示します。

7-17
図. 7.17 H90 にパスキーが表示されます


7-18
図. 7.18 6 桁のコードを入力してデバイスとペアリング

6. H90 Control で、「デバイスの追加」をクリックし、続いて「ポートの選択」をクリックします。

7-19
図. 7.19  H90 Bluetooth デバイスを選択して追加

7. H90 Bluetooth デバイスを選択し、「追加」をクリックします
8. Bluetooth 経由で H90 を H90 コントロールに接続できるようになりました。
9. さらに、H90 Bluetooth デバイスが DAW で MIDI デバイスとして使用できるようになります。

7-20
図. 7.20 H90 Bluetooth デバイスが Ableton Live で利用できるようになりました。


macOSでのペアリングのヒント:
1.  Mac の Bluetooth をオフにするか、Bluetooth 設定メニューから H90 を切断すると、Bluetooth 接続  
 が切断され、H90 の Bluetooth がオフになります。
 再接続するには、H90 の Bluetooth メニューで再度オンにします。
2.  H90 がペアリングされている Mac を「削除する」ことを選択した場合は、H90 を再接続する前に
 Macの Bluetooth 設定から H90 Bluetooth デバイスを削除する必要もあります。
 これを行うには、Mac の「Bluetooth 設定」メニューに移動し、H90 Bluetooth デバイスを見つけて
 右クリックし、「削除」を選択します。 この後、H90 Control を使用してペアリングする手順を
 繰り返します。
7-21
図. 7.21 再度ペアリングする前に、Mac の Bluetooth 設定から H90 を削除

3. OS のバージョンによっては、H90 Control で使用できるようにするために H90 を手動で再接続する必要がある場合とそうでない場合があります。 これは、デバイスが「利用不可」と表示される場合に明らかです。 再度接続する必要がある場合は、H90 Control の Bluetooth ボタンをクリックし、デバイスの「接続」を押します。 これにより、接続後にデバイスが使用可能になります。

7-22
図. 7.22 このデバイスは利用できないため、再接続する必要があります。


7-23
図. 7.23「接続」をクリックして、デバイスを H90 Control で使用できるようにします。



7.3.2. iPadとの接続
1. App Storeから H90 Control をダウンロードしてインストールします。
2. H90 Control を開き、右上隅にある Bluetooth アイコンをクリックして、H90 のペアリングを開始します。
7-24
図. 7.24 Bluetooth アイコンをクリックして、H90 を iPad とペアリング

3. iPad の Bluetooth MIDI デバイス メニューから H90 を選択します。

7-25
図. 7.25 SelecH90 を選択してペアリングプロセスを開始

4. H90 の Bluetooth メニューのパスキーの下に表示される 6 桁のコードを入力するよう求められます。
7-26
図. 7.26 H90に表示されたPasskeyを入力

5. iOS デバイスのパスキーを入力し、「ペアリング」ボタンをクリックします。
6. IH90 Control で、「デバイスの追加」をクリックし、続いて「ポートの選択」をクリックします。

7-27
図. 7.27 H90 Bluetooth デバイスを選択して追加

7. H90 Bluetooth デバイスを選択し、「追加」をクリックします。
8. H90 Bluetooth デバイスが iPad に接続されます。
 H90 の右側の Bluetooth LED が青色に点灯し、ホストに接続されていることを示します。
9. H90 Control を使用して iPad を使用して H90 をコントロールできるようになりました。

7-28
図. 7.28 「接続」をクリックして、H90 を H90 Controlに接続します。

10. さらに、H90 Bluetooth デバイスは、DAW または MIDI コントロール アプリで MIDI デバイス
 として使用できるようになります。

7-29
図. 7.29 H90 Bluetooth デバイスが Logic で使用できるようになりました。

iPadとのペアリングのヒント:
1. iPad の Bluetooth をオフにすると、Bluetooth 接続が切断され、H90のBluetoothがオフになります。 
 再接続するには、H90のBluetoothメニューで再度オンにします。
2. H90がペアリングされている iPad から「削除」ことを選択した場合は、H90 を再接続する前に、
 iPad の Bluetooth 設定から H90 Bluetooth デバイスを削除する必要もあります。
 これを行うには、[設定] > [Bluetooth] に移動し、H90 Bluetoothデバイスを見つけて、「i」アイコン
 をクリックして、「このデバイスを削除」を選択します。 この後、H90controlを使用して H90 を
 iPad とペアリングする手順を繰り返します。
7-30

図. 7.30 再度ペアリングする前に iOS デバイス上の H90 を削除してください

3. iPad を使用してH90 をアップデートすることはできません。 アップデートするには、USB 接続のあるコンピューターを使用する必要があります。
4. USB と Bluetooth を同時に H90 を iPad に接続することはできません。


7.3.3. iOS 接続
1. H90 を iOS デバイスとペアリングするには、サードパーティの Bluetooth MIDI ペアリング アプリ
 をダウンロードする必要があります。 Korg - BLE MIDI をお勧めします。
2. Bluetooth MIDI ペアリング アプリを開きます。 H90 は接続先のデバイスとして利用できるはずです。
7-31

図. 7.31 iOS デバイスとペアリングする 。H90 を選択

3. H90 を選択すると、H90 の Bluetooth メニューのパスキーの下に表示される 6 桁のコードを入力するよう求められます。

7-32

図. 7.32 H90に表示されたPasskeyを入力

4. iOS デバイスのパスキーを入力し、「ペアリング」ボタンをクリックします。
5. H90 Bluetoothデバイスが iOS デバイスに接続されます。 H90 の右側の Bluetooth LED が青色に点灯し、ホストに接続されていることを示します。
6. MIDIコントロール アプリを使用して、iOS デバイスから H90 にMIDIメッセージを送信できるようになりました。

iOSでのペアリングのヒント:
1. H90 Control は Mac/iPad でのみ利用可能です。
2. iOS デバイスの Bluetooth をオフにすると、Bluetooth 接続が切断され、H90 の Bluetooth がオフに
 なります。 再接続するには、H90 の Bluetooth メニューで再度オンにします。
3. H90 がペアリングされている iOS デバイスを「削除する」ことを選択した場合は、H90 を再接続
 する前に iOS Bluetooth 設定から H90 Bluetooth デバイスを削除する必要もあります。
 これを行うには、[設定] > [Bluetooth] に移動し、H90 Bluetooth デバイスを見つけて、「i」アイコン
 をクリックして、「このデバイスを忘れる」を選択します。 この後、Bluetooth MIDI ペアリング アプ
 リを使用して H90 を iOS デバイスとペアリングする手順を繰り返します。

7-33

図. 7.33 再度ペアリングする前に、iOS デバイス上の H90 を削除してください。

7.3.4. H90 を複数のデバイスにペアリングする
• H90 は複数のホスト デバイス (Mac、iPad、iOS デバイスなど) とペアリングできますが、一度に接続
 できるホスト デバイスは 1 つだけです。
• 一部のホストデバイスは自動接オペレーションを実装しています (iPad/iPhone/macOS 13 以降など)。
 複数のペアリングされたデバイスが範囲内にある場合、最初に自動接続したデバイスが優先されま  
 す。ホスト デバイスの 1 つが他のデバイスから Bluetooth 接続を「盗む」場合、これは望ましくない
 可能性があります。

これは次の 2 つの方法で解決できます。:
a. H90 で一度にペアリングするホスト デバイスは 1 つだけにしてください。
 新しいデバイスに切り替える場合は、両端の H90 Bluetooth デバイスとホスト デバイスを削除してく
 ださい。

例: Mac で H90 を使用していない場合は、H90 上の Mac を削除し、Mac の Bluetooth 設定で H90 Bluetooth デバイスを削除してください。 H90 を iPad とペアリングできるようになり、Mac の Bluetooth 接続は干渉しません。
b. H90 を接続したくないデバイスの Bluetooth をオフにします。 これにより、複数のホスト デバイス
 とのペアリングを維持できますが、接続するデバイスの Bluetooth を手動でオン/オフにする必要があ
 ります。
例: Mac で H90 を使用していないときは、Mac の Bluetooth をオフにして、iPad に接続するときに
 Bluetooth 接続が干渉しないようにします。 Mac を再度使用する場合は、Mac の Bluetooth をオンに
 戻し、iPad の Bluetooth をオフにします。

7.3.5. Bluetooth動作必要要件
• H90 コントロールを使用するには、デバイスが Bluetooth LE 4.2+ をサポートしている必要がありま
 す。 BLE 4.0+ は標準 MIDI のみで動作します。 以前のバージョンの Bluetooth/Bluetooth クラシック
 は動作せず、サポートされていません。
• H90 コントロールを使用するには、iPad で iPadOS 15 以降を実行する必要があります。
• Mac では macOS 11 (Big Sur) 以降を実行する必要があります。
• macOS 12 (Monterey) を実行している一部の Mac には、Bluetooth MIDI デバイスとのペアリングに関
 する既知の問題があります。 Monterey でデバイスのペアリングに問題がある場合は、macOS 13
 (Ventura) にアップデートすると問題が解決されることがわかっています。

7.4. MIDI
H90のグローバルMIDI設定を行います。これらのコントロールは、現在ロードされているプログラムに関係なく有効になります。


7-34
図. 7.34 MIDI メニューの表示

チャンネル
H90が送受信するMIDIチャンネル(1〜16)を選択します。

レシーブOmni
H90にすべてのチャンネルから同時にMIDIを受信させたい場合は、これをオンにします。
この設定は受信チャンネルを上書きしますが、H90は設定されたチャンネルで送信します。

アウトプットモード

OFF: MIDI情報はMIDI出力に送信されません。
Transmit: H90はDIN MIDI出力からプログラムチェンジ、CC、MIDIクロック情報を送信します。DIN MIDIインプットからはMIDI信号は送信されません。
• Thru: DIN MIDI入力からのMIDI情報をDIN MIDI出力に送ります。H90はMIDI情報を送信しません。

クロックソース
DINまたはUSB入力をMIDIクロックソースとして使用するようにH90を設定します。テンポメニューでテンポソースをMIDIに設定し、H90をこのクロックソースに同期させます。

7-35
図. 7.35 MIDI クロックソース

PC オフセット
デフォルトでは、H90はPCナンバー 1~100を使用してプログラムチェンジを送受信します。H90でPCオフセットを有効にすると、PCナンバー 0~99を使ってプログラムチェンジを送受信するようになります。0から始まるPCナンバーを使用する他のMIDI機器を使用する場合は、PCオフセットを1に設定して、すべての機器でPCナンバーが一致するようにしてください。

グローバルコントロール
MIDIグローバルコントロールでは、どのプログラムがロードされているかに関わらず、常にH90に影響を与えるMIDIコントロールメッセージを定義することができます。例えば、MIDIコントローラーのCC#5で常にクイックノブ1をコントロールしたい場合、MIDIグローバルコントロールを使って設定できます。

7-36
図. 7.36 MIDI グローバルコントロール

パラメーター: クイックノブ 1 を使ってパラメーターを選択します。
CC #: クイックノブ2を使って、選択中のパラメーターをコントロールするCC#を選択します。

注:
利用可能なマッピングの全リストは、グローバルマッピングチャート(セクションC)をご確認ください。


送信
MIDIトランスミットを使用すると、AuxスイッチやエクスプレッションペダルなどのコントローラーをMIDIコントローラーとして使用することができます。

7-37
図. 7.37 MIDI Transmit


• パラメーター: クイックノブ 1 を使ってパラメーターを選択します。
• CC #: クイックノブ2を使って、選択中のパラメーターをコントロールするCC#を選択します。



7.5. プリファレンス

7-38
図. 7.38プリファレンスメニューの表示


LED 照度
LEDの明るさを調整します。
• ハイ
• ミッド-ハイ
• ロー-ミッド
• ロー


スクリーンセーバー
スクリーンセーバーが有効になるまでの時間を設定します。スクリーンセーバーはH90のアニメーションを表示し、H90のOLEDスクリーンの寿命を保つのに役立ちます。30分から8時間まで調整可能。

7.6. 概要
H90のシリアルナンバー、オーディオとソフトウェアのバージョン番号を表示します。

7-39
図. 7.39 Aboutメニューの1ページ目


7-40
図. 7.40 Aboutメニューの2ページ目



7-41
図. 7.41 About menuメニューの3ページ目

6. エディットモード

6.1.   プログラム
6.1.1.   プログラムの保存
6.2.   ルーティング
6.2.1.   インサートルーティング
6.2.2.   デュアルルーティング
6.3.   プリセット
6.3.1.   プリセットの保存>
6.4.   パラメーター
6.4.1.   マッピング
6.4.2.   ホットノブ
6 .4.3.  ホットスイッチ
6.4.4.   テンポシンク

 

6.1. プログラム

プログラムエディットモードでは、H90のプログラムを検索し、試聴することができます。

プログラムボタンを押してプログラムエディットモードに入ります。
いずれかのフットスイッチを押して終了します。



6-1








. 6.1 右上隅にリストとプログラムの場所が表示される。

3つのクイックノブはプログラムのリストをフィルタリングします:

·         クイックノブ1でリストを選択します。これにはファクトリーリストとユーザーリストの両方が含まれます。

·         クイックノブ2で検索するエフェクトタイプを選択します。

·         クイックノブ3で検索するアルゴリズムを選択します。

セレクトノブを回してフィルターリストをスクロールすると、各プログラムが自動的にロードされ、素早く試聴することができます。

P LEDボタンを押すと、プログラムがアクティブ/バイパスされます。AまたはB LEDボタンを押すと、プログラム内の各プリセットがアクティブ/バイパスされます。

6.1.1. プログラムの保存

プログラムボタンを長押ししてプログラムを保存します。

6-2

. 6.2 プログラムの保存画面

クイックノブ3を回して、保存先のリストを選択します。デフォルトは現在アクティブなプレイリストです。プログラムはユーザーリストには保存できますが、ファクトリーリストには保存できません。

セレクトノブを回して、保存するスロットナンバーを選択します。デフォルトは現在ロードされているスロットです。リストには99個のスロットがあります。

プログラムを保存するスロットを選択したら、パフォームノブを押してプログラム名の変更を開始します。


6-3

. 6.3 プログラムの保存名の表示

·         セレクトノブまたはクイックノブ1を回してカーソルを移動します。クイックノブ1を押すとカーソルが右に移動します。

·         パフォームノブまたはクイックノブ2を回して文字を選択します。クイックノブ2を押すと、小文字、大文字、数字、記号が切り替わります。

·         クイックノブ 3 を押して文字を削除します。

·         パフォームノブを押してプログラムを保存します。名前を変更したプログラムは、選択したリストの選択したスロットに保存され、プログラムエディットモードに表示されます。

·         セレクトノブを押して保存をキャンセルします。


 

6.2. ルーティング

ルーティングエディットモードは、現在ロードされているプログラムのルーティングを調整します。

H902つのプリセットは、各プログラムに対して直列(シリーズ)または並列(パラレル)に信号を処理するようルーティングできます。これは様々な用途に便利です:

·         ディストーションとワウワウのプリセットを使用する場合、ディストーションとワウワウを直列に処理することができます。つまり、オーディオがまずディストーションで処理され、次にディストーションされた信号がワウワウで処理されます。

·         あるいは、ディレイとリバーブのプリセットを備えたプログラムを使用している場合は、パラレルパスでこれら2つのプリセットを通じてオーディオを処理できます。つまり、オーディオは2つのパスでディレイとリバーブに同時に送信され、ディレイとリバーブのサウンドが再生されます。 相互に影響を与えることはありません。

ルーティングエディットモードは、システムメニューのグローバルページ (セクション7.1) でグローバルルーティング設定がインサートまたはデュアルに設定されているかどうかに応じて、2つの方法のいずれかで表示されます。

6-4画像4

. 6.4 システムメニューページでのグローバルルーティングの設定

ルーティングをインサートからデュアルに変更すると、現在のプレイリストだけでなく、利用可能なリストの代替セットも自動的に有効になります。 インサートルーティングで作成したプログラムやリストはデュアルルーティングでは使用できませんし、その逆も同様です。

ルーティングボタンを押してルーティングエディットモードに入ります。 終了するにはいずれかのフットスイッチを押します。

PA、または B LED ボタンを押すと、プログラム、プリセット A、またはプリセット B のアクティブ/バイパスが切り替わります。

ヒント

インサートまたはデュアルルーティングを使用している場合、クイックノブ1を押してプリセットABを交換します。

6.2.1. インサートのルーティング

インサートルーティング設定では、ルーティングモードで2つのモノラルインサートまたは1つのステレオインサートを有効にし、信号パス上の任意の位置に配置することも、オフにすることもできます。

Insert Routing Options

Series

Parallel

Pre A

Pre A & B

Parallel

Pre A

Mid

Pre B

Post B

Parallel

Post A

Post B

Post A & B

挿入を有効にするには:

·         クイックノブ1を回して直列と並列のルーティングを変更します。

プリセットが直列にルーティングされているプログラムでは、右上に

01 が表示されます。


6-5

. 6.5 プリセットが直列にルーティングされたプログラム


プリセットが並列にルーティングされているプログラムでは、右上に

02

 が表示されます。


6-6

. 6.6 プリセットがパラレルにルーティングされたプログラム

·         クイックノブ2を回すとインサート 1 が有効になり、インサート位置が調整されます。ノブを押すと、インサート1をアクティブ/バイパスにします。

·         クイックノブ3を回すとインサート 2 が有効になり、インサート位置が調整されます。ノブを押すと、インサート2をアクティブ/バイパスにします。


6-7

. 6.7 アクティブな挿入が無いインサートルーティングページ


6-8

. 6.8 インサート1はプリセットAの前、インサート2はプリセットBの後ろ

6-09

. 6.9 インサート1はプリセットAの前、インサート2は、プリセットABに並列で


6-10

. 6.10 インサート12がプリセットABに対し並列でルーティングされている

6-11

. 6.11 Iインサート1と2を並列で、インサート1をプリセットAの前に、インサート2をプリセットAの後に配置

クイックノブ3を時計回りに完全に回すと、ステレオインサート1-2が有効になり、その位置はクイックノブ2を使用して調整できます。


6-12

. 6.12 1系統のステレオインサートを使用したシリーズでのインサートルーティング

各インサートには独自のパラメーターセットがあります: センドレベル、リターン レベル、ミックス%、テール、レイテンシー(0サンプルから512サンプルまで)、極性 (ノーマル/反転)。 ルーティングボタンを押すか、セレクトノブを回してパラメーターをスクロールします。


6-13

. 6.13 インサートパラメーターのページ1


6-14

. 6.14 パラメーターインサートの2ページ目

Tails”をオンにすると、バイパス時にインサートされたデバイスのエフェクトが自然にトレイルオフされます。“Tails”をオフにすると、バイパス時にインサートが即座にミュートされます。

レイテンシーの設定

レイテンシーはデジタル機器をインサートするときのみ設定する必要があります。アナログ機器には顕著なレイテンシーはありません。レイテンシーを適切に設定することで、挿入されたエフェク トのコムフィルタリングを防ぐことができます。レイテンシーの仕様については、インサートされたデバイスのマニュアルを参照してください。

インサートのレイテンシーを設定するには:

·         極性(Polarity)を反転させます。

·         ミックスを50%に設定します。

·         外部デジタルエフェクトをバイパスするか、ミックスノブを調整してドライ信号のみが聞こえるようにします。

·         信号が無音になるか、可能な限り静かになるまで、0 サンプルからレイテンシーを調整します。

·         極性反転を解除します。





6.2.2. デュアルルーティング

デュアルルーティングを使用すると、H90内で2つの処理パスをルーティングできます。 これを使用すると、2つの異なるプリセットを通じて2つの楽器を個別に処理したり、プリアンプセクションに1つのプリセットを使用し、アンプのエフェクトリターンに1つのプリセットを使用してプリ/ポスト構成でアンプに接続したりできます。

 

 

 

デュアルルーティングを使用するプログラムでは、右上隅に

03
 が表示されます。


6-15

. 6.15 デュアルルーティングを使用しているプログラム

·         クイックノブ1を回して、パス1および2上のプリセットAおよびBのルーティング位置を変更します。

·         ルーティングモードがデュアルルーティング構成の場合、クイックノブ2および3は機能しません。

·         デュアルルーティングにより、2つの別々のシグナルパスが有効になります。:

·         パス 1: インプット1/2からアウトプット1/2

·         パス 2: インプット3/4 からアウトプット3/4

Dual Routing Positions

Routing

Path 1

Path 2

パス 1 シリーズ

シリーズ

スルー

パス 1 パラレル

パラレル

スルー

プリ/ポスト

プリセット A

プリセット B

パス 2 パラレル

スルー

パラレル

パス 2 シリーズ

スルー

シリーズ


6-16

. 6.16 パス1上で直列に繋がれているプリセットAB


6-17

. 6.17 パス1でプリセットABを並列に配置


6-18

. 6.18 プリ/ポストでのデュアルルーティング


6-19

. 6.19 パス2上のプリセットABをシリーズで配置


6-20

. 6.20 パス2上でプリセットABをパラレルに配置


 


 

6.3. プリセット

プリセットエディットモードでは、現在ロードされているプログラムのさまざまなアルゴリズム、プリセットのエフェクトをすぐに聞くことができます。

プリセットボタンを押してプリセットエディットモードに入ります。 もう一度押すと、プリセットABの間で選択が切り替わります。

6-21

. 6.21 プリセットAを表示するプリセットエディットモード

6-22

. 6.22 プリセットBを表示するプリセットエディットモード

3 つのクイック ノブを使用して、プリセットのリストをフィルタリングできます。:

·         クイックノブ1は、検索するリストを選択します。 これにはファクトリーリストとユーザーリストの両方が含まれ、他の2つのクイックノブのフィルターも絞り込まれます。

·         クイックノブ 2 は、検索するエフェクトタイプを選択します。

·         クイック ノブ 3 はアルゴリズム フィルターを選択します。

セレクトノブを回してフィルタリングされたリストをスクロールすると、選択したAまたはBスロットに各プリセットが自動的にロードされ、素早く試聴が可能になります。 元のプリセットは、プログラムを保存するまで、フィルターに関係なくリストに残ります。

P LED ボタンを押して、プログラムのアクティブ/バイパスを切り替えます。AまたはBLEDボタンを押して、プログラム内の各プリセットを有効化アクティブ/バイパスを切り替えます。

いずれかのフットスイッチを押すと、プリセット編集モードが終了します。

6.3.1. プリセットの保存

プリセットを保存するには、[プリセット] ボタンを長押しします。

6-23

. 6.23  プリセット保存のディスプレイ

プリセットの名前変更は、プログラムの名前変更と同じように機能します。

·         カーソルはセレクトノブまたはクイックノブ1を回して移動します。クイックノブ1を押すとカーソルが右に移動します。

·         パフォームノブまたはクイックノブ2を回して文字を選択します。クイックノブ2を押すと、小文字、大文字、数字、記号の順に文字セットが切り替わります。

·         クイックノブ3を押して文字を削除します。

·         パフォームノブを押してプリセットをプリセットライブラリーに保存します。プリセットエディットモードで検索できます。

·         キャンセルするには、セレクトノブを押します。

選択した名前のプリセットがすでに存在する場合は、既存のプリセットを上書きするように求められます。

6-24

. 6.24  既存のプリセットプロンプト

ファクトリー プリセットは名前を変更し、新しいユーザー プリセットとしてライブラリに保存する必要があります。


 

6.4. パラメーター

パラメーターエディットモードでは、プログラムレベルおよびプリセットパラメーターを調整およびマッピングできます。

パラメーターボタンを押してパラメーターエディットモードに入ります。 もう一度押すと、P/A/B パラメーターグループが切り替わります。 選択ノブを回して、現在のグループのパラメーターのページをスクロールします。 クイックノブを回してパラメーターを調整します。

·         P LED ボタンを押して、プログラムの一般パラメーターを表示します。 プログラムをバイパス/アクティブにするには、もう一度押します。

6-25

. 6.25  Pプログラムのパラメーターを表示するパラメーターエディットモード

·         Pre A LEDボタンを押すと、プリセットAのパラメーターが表示されます。もう一度押すと、プリセットAをバイパス/アクティブにします。

6-26

. 6.26  プリセットAのパラメーターを表示するパラメーターエディットモード

·         B LEDボタンを押すと、プリセットBのパラメーターが表示されます。もう一度押すと、プリセットBがバイパス/アクティブになります。

6-27

. 6.27  プリセットBのパラメーターを表示するパラメーターエディットモード


6.4.1. マッピング

H90は、内部および外部コントローラーにさまざまなパラメーターマッピングを提供します。 すべてのカスタムパラメーターマッピングはパラメーターエディットモードで設定されます。

6-28

. 6.28 外部マッピングメニュー

パラメーターにマッピングするには:

·         マッピングしたいパラメーターをコントロールするクイックノブを長押しします。

·         クイックノブ2を回してコントロールソースを選択します。

·         セレクトノブを回して コントロールレンジメニューを表示します。 クイックノブ12を回して、コントローラーの開始/終了または最小/最大値を設定します。

·         Y終了点が開始点の前になるように調整することで、外部コントローラーの方向を逆にすることができます。 たとえば、エンドポイントをゼロ、スタートポイントを 100に設定すると、エクスプレッション ペダルのヒールは 100、エクスプレッション ペダルのトウは0になります。

6-30

. 6.29  コントロールレンジのメニュー


覚え書き
!

最初から始めて、最後まで続けて、最後まで続けて停止します。

·         クイックノブ 1 を回して、マッピングする別のパラメーターを選択します。

·         パラメーターのマッピングを解除するには、コントロールソースを「オフ」に設定します。

·         パフォームノブを押してマッピングメニューを終了します。

ヒント

多くのプログラムレベルまたはプリセットパラメーターを一度にマッピングしたい場合は、P/A/B LED を押すと、マッピングメニューから離れることなく、他のプリセットまたはプログラムマッピングオプションに素早くジャンプできます。

6.4.2. ホットノブ

ホットノブを使用すると、H9 のリボンコントローラーと同様に、複数のパラメーターを1つのコントローラーにマッピングできます。 H90 は、3 つのホットノブ(PAB)を提供することでこのコントロールを拡張します。

パラメーターボタンを押すと、パラメータービューページが切り替わり、どのホットノブを使用するかが決まります。パフォームモードでは、ホットノブ Pが常に使用されることに注意してください

パラメーターをホットノブにマッピングする:

·         上記の手順に従ってパラメーターをマッピングし、コントロールソースとして ホットノブを選択します。

·         ホットノブPを選択した場合は、P LEDを押してプログラムパラメーターのページを表示し、パフォームノブを回してホットノブ Pをコントロールします。

·         ホットノブAまたはBを選択した場合は、AまたはBLEDを押してプリセットのパラメーターページを表示し、パフォームノブを回してホットノブAまたはBを操作します。

ヒント

ホットノブは内部または外部コントローラーにマッピングすることもできます。 これは、ホットノブ A B の両方をホットノブ P にマッピングして両方のホットノブを同時に制御したり、ホットノブをエクスプレッション ペダルにマッピングして簡単にコントロールしたりする場合に便利です。  クイックノブアサインメニューを使用して、ホットノブをクイックノブにマップすることもできます。

6.4.3. ホットスイッチ

Aホットスイッチは、パラメーターのグループのスナップショットと考えることができます。 曲のコーラスでより高いゲインとより多くのディレイが必要な場合は、それらのパラメーターをホットスイッチにマップし、コーラスに適用します。 次に、解除して前のパラメーターに戻るか、2番目のバースに対して別のパラメーターで別のホットスイッチをアクティブにします。

ホットスイッチは3 つあり、PAB の各フットスイッチに 1 つずつあります。 パラメーター値をホットスイッチにマッピングすると、パフォームモードでフットスイッチを使用して、マッピングされた値を切り替えることができます。 一度にアクティブにできるホットスイッチは 1 つだけであることに注意してください。 

6-30

. 6.30 ホットスイッチ 1のパラメータを表示するホットスイッチマッピングメニュー


ホットスイッチをマッピングするには:

·         パラメーターボタンを押してパラメーターエディットモードに入ります。

·         PA、またはB LEDボタンを押したままにして、それぞれのホットスイッチをマッピングします。

·         クイックノブを押してパラメーターをホットスイッチに割り当てます。 クイックノブを回してそのパラメーターの値を変更します。

·         セレクトノブを回すと、マッピングされる他のプリセットまたはプログラムレベルのパラメーターが表示されます。

·         P P/A/B LED ボタンを押して、マッピングするプリセットまたはプログラムレベルのパラメーターの他のグループにジャンプします。

·         マッピングされたパラメーターのクイックノブを押すと、マッピングが解除されます。

·         別の LED ボタンを長押しすると、マッピングメニューを終了せずに別のホットスイッチをマッピングすることができます。

·         パフォームノブを押して、ホットスイッチマッピングメニューを終了します。

 

6.4.4. テンポメニュー

プリセットボタンとパラメーターボタンを同時に押して、テンポシンクのオン/オフを切り替えます。

6-31

. 6.31  メトロノームアイコンはテンポシンクが有効であることを示します。

テンポシンクは、特定のパラメーターがテンポと同期されたサブディビジョンを表示するか、または連続した範囲のレートを表示するかを決定します。 たとえば、UltraTap Length パラメーターはミリセカンドまたは細分単位で表示でき、UltraTap のスピードパラメーターはヘルツ (1 秒あたりのサイクル数) または細分単位で表示できます。

テンポシンクはプログラム全体に適用することも、プログラム内の個々のプリセットに適用することもできます。

·         プリセットのパラメーターグループが選択されているときにテンポシンクを切り替えると、その個々のプリセットのテンポシンクが有効/無効になります。

プログラムのパラメーターグループが選択されているときにテンポシンクを切り替えると、両方のプリセットのテンポシンクが有効/無効になります。





614a5ThPn+L._AC_SL1200_





















Eventide H90 ハーモナイザーマルチエフェクトペダル
Eventide H90

↑このページのトップヘ